AGA(男性型脱毛症)とは

AGA(男性型脱毛症)は、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が薄くなり進行していくのが特徴です。AGAは進行性であり放っておくと薄毛が進んでいきます。細くて短い髪の毛が多くなり、全体として薄毛が目立ってきます。対策として、毛根の細胞の活性をあげて抜け毛の進行を抑えることが大切です。

AGA治療について

AGAの原因としては一般に遺伝やDHT(ジヒドロテストステロン)が関係するといわれています。DHTは抜け毛に強い影響を及ぼす男性ホルモンの一種です。

当クリニックでは、

  • 髪が最近薄くなってきた
  • 抜け毛が多くなり気になる

とお悩みの方に対し、AGA(男性型脱毛)治療として内服薬での治療を行っています。内服治療を行うことで、DHTの作用によって低下してしまった毛根の細胞の活性度を上げることができます。毛根細胞が元気になれば、より強い髪が生えてくるようになります。

AGA薄毛治療の流れ

AGA薄毛治療の流れ

1回あたりの自己負担金の目安

受診 診察料 採血 内服薬 合計金額
フィナステリド ザガーロ
初回 初診料 3,000円 6,000円 9,000円 9,000円・12,000円
2回目
(初回より3週後)
なし 3,000円 3,000円
3回目
(採血の1週間後)
再診料 1,000円 6,000円 9,000円 7,000円・10,000円
4回目
(以降 1ヶ月毎)
再診料 1,000円 6,000円 9,000円 7,000円・10,000円

内服薬はプロペシアのジェネリック薬であるフィナステリド(クラシエ)と、
ザガーロのいずれかからお選び頂けます。詳しくは医師にご相談ください。

AGA診療について

現在の頭皮状況を確認します。当院では薬剤の処方を行うと共に、日常生活で気をつける点などの指導も行っていきます。継続治療により「抜け毛が少なくなった」「髪が太くなった」「髪のコシが強くなった」など、治療の効果を期待できます。

AGA治療期間について

薄毛の治療効果の程度は個人差がありますが、治療開始3か月で抜け毛の減少を実感し生え際にうぶ毛が目立ってくるようになり、6か月でうぶ毛が太くなり、1年で後退していた生え際が前進するという効果が現れます。一方、服用を止めると再び薄毛が進行してくるため、継続的な治療をお勧めしています。

既に他の疾患等で服用している薬により、治療が行えない場合もありますので、髪のことでお悩みの男性の方は、まずはご相談ください。お電話にてご予約承ります。



クリニック概要

読み込み中…

ユアクリニックお茶の水

〒101-0062 
東京都千代田区神田駿河台2-4 日健ビル3階

TEL:03-3259-1190

最寄駅:◎JR中央・総武線「御茶ノ水」駅
     御茶ノ水橋出口 徒歩1分
    ◎東京メトロ 丸ノ内線「御茶ノ水」駅 
     JRお茶の水駅方面2番出口徒歩2分
    ◎東京メトロ 千代田線「新御茶ノ水」駅
     B1出口 徒歩3分

内科・
循環器内科
10:00 - 13:30
15:30 - 19:30

※受付時間は午前13:20まで 午後19:20までとなります。

小児科・
小児アレルギー科
9:00 - 13:30
15:30 - 19:00
小児ワクチン
乳幼児健診
12:30 - 13:30

※時間外の接種についてもご相談に応じます。

皮フ科
10:00 - 13:30
15:30 - 19:30 ●※

※水曜日は17:30までとなります。


休診日:日曜日

※ 長期休暇・年末年始等の診療についてはFacebookをご覧ください。



インフルエンザ予防接種のお知らせ

問診票ダウンロード

内科・皮膚科・小児科 ご予約はこちら

スタッフ募集

皮膚科

AGA外来

いびき外来

セカンドオピニオン外来

病気を乗り越えて活躍した偉人

ユアクリニックお茶の水