メニュー

コレステロールの治療

  1. 國廣医師の目標
  2. 当院でのコレステロール治療のメリット
  3. コレステロール治療をしないデメリット
  4. 治療の流れ

國廣医師の治療にかける思い

 

私は循環器専門医です。循環器、というとわかりにくいかもしれませんが、心臓の専門家です。

私はこの御茶ノ水、駿河台地区を中心にお勤め・お住いの皆様に実現したい夢があります。それは・・・

心筋梗塞ゼロ、心房細動ゼロ、脳血管疾病ゼロ、大動脈瘤の発生ゼロを通じて皆さんに安心と笑顔を届けたいと考えています。

そのために自分のこれまでの経験や知識をすべて使って皆様に最善と思う治療を提供して参ります。

 

脂質異常症は血液中の中性脂肪(トリグリセライド)や、LDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)が基準より高い、またはHDLコレステロール(いわゆる善玉コレステロール)が基準より低い状態のことをいいます。

健康診断などでご自身の数字をみる機会もあるのではないでしょうか。以前は高脂血症と呼ばれていました。

 予約はこちら

当院でのコレステロール治療(脂質異常症、高脂血症)のメリット

  • 駅から近い。JR御茶ノ水駅から1分以内。東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅から2分程度。東京メトロ 新御茶ノ水駅から3分程度。
  • 19:00までの診療。帰宅して自宅そばのクリニックはもう閉まっている場合がありませんか?
  • 午前診療13:00まで。会社の昼休みにちょこっと立ち寄ることも可能です。
  • 資格をもった医師が対応いたします。
  • 超音波エコー機器により、心臓の状態がすぐにわかります。
  • 頸動脈エコーで血管が狭くなっているかどうかがビジュアルですぐに分かります。
  • 心電図検査が可能。
  • 脂質異常症(高脂血症)に伴う合併症の発見が可能です。具体的には、高血圧症、肥満症、無呼吸症候群、糖尿病、大動脈瘤の早期発見と予防に努めています。
  • 肥満からくる無呼吸症候群の人にはCPAP治療を提供することも可能です。(御茶ノ水呼吸器ケアクリニック・順天堂の睡眠・呼吸障害センターと提携しております)

 

脂質異常症の治療をしない場合のデメリット

 

コレステロール値に異常がある(特にLDLコレステロール値が高い)と、動脈硬化が進み、脳梗塞、心筋梗塞など血管系の病気が起きやすくなります。

中性脂肪値が高いと急性膵炎を起こすこともあります。家族性高コレステロール血症では皮膚やアキレス腱等に黄色腫が発見することもあります。

その結果、心臓や他の体にでてくる症状は

  • 脳梗塞、脳出血
  • 心筋梗塞、狭心症
  • 大動脈瘤、大動脈解離
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 腎臓障害

これらの症状を引き起こさないためには普段からの管理が大切です。

動脈硬化を進めないようにすることが治療の重要な目標です。

はじめは食事や運動を含んだライフスタイルの改善を行い、動脈硬化による病気を起こすリスクが高いときには薬物療法が追加されます。

  • 禁煙する
  • 食生活を見直す
  • 運動量を見直す
  • 適正体重に近づけると同時に内臓脂肪を減らす

治療の流れ

高脂血症の管理(総説)NEJM, Oct.17.2019(心血管疾患予防のための脂質管理)をベースにしています。
 
Lipid Management for the Prevention of Atherosclerotic Cardiovascular DiseaseReview Article
著者
Erin D. Michos, M.D.Roger S. Blumenthal,M.D.
 Ciccarone Center for the Prevention of Cardiovascular Disease,
  Johns Hopkins University School of Medicine, Baltimore
M.H.S.,John W.McEvoy,
  National Institute for Prevention and Cardiovascular Health,
  National University of Ireland
 
NEJM,Oct.17,2019の高脂血症の管理に準拠した治療を提供します。
2018年にACC-AHAAmerican College of Cardiology-American Heart Association)によるコレステロール管理のガイドラインが出ています。更に2019心血管疾患予防のガイドラインが出ました。
これらを総合して、治療方針を決定しています。
 
  1.  初診 はじめて相談を受けるところです
    • 必用に応じて、採血、レントゲン、心電図、身長・体重測定 などを行います。
    • このときに合併症の検査をおこないます。
  2. 再診 1週間後
    • 検査結果の説明、および初期診断と治療方針を共有します。
  3. 再診 約2週間後
    • 薬の第1次効果判定と心臓のエコーを行います。同時に、大動脈瘤がないかどうかを確認します。
  4. 再診 約2週間後
    • 薬の微調整を行います。
  5. 再診 約2-3週間後
    • 薬の第2次効果判定を行います。
    • この時点で80%の方は血圧のコントロールが完了できます。
    • 頸動脈エコーを行います。高血圧などによる動脈硬化の現状がどうなっているのか、年一回は経過観察をして、より適切な治療の指標にします。
  6. 定期診察 基本的に月に1度の診察
    • 血圧確認、体重増減確認を通じて
    • 年に1度、心エコーを行います。
    • 減塩などの食生活指導、肥満解消、節酒指導、運動指導についてコーチングと評価を行います。
    • 病気ではない状態、ではなく、より健康的にすごすためのプロフェッショナルなアドバイスを提供します。
    • 生涯、心筋梗塞ゼロ、心房細動ゼロ、脳血管動脈疾患ゼロ、大動脈瘤ゼロの人生を通じて、あなたも家族も健康という貴重な財産を活かしきって下さい。
 
文責:國廣 崇

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME